Wi-Fi 6の登場により、高速ダウンロード、バッテリー寿命延長、セキュリティ向上など技術面のアップグレード実現へ

Wi-Fiは、インターネット接続と低コスト通信で多くのユーザーをサポートできる手頃な価格のブロードバンド・ワイヤレス・ネットワークとして、住宅や企業の環境で長い間普及してきました。しかし、これまでのWi-Fiは、産業環境における多くのマシン・ツー・マシン・アプリケーションに必要な容量、遅延、信頼性、セキュリティを備えていませんでした。しかし、Wi-Fi 6の登場により、それは変わりつつあります。

以前は802.11axとして知られていた最新世代のWi-Fiプロトコルは、Wi-Fi 6として、高速なダウンロードおよびアップロード、長いバッテリー寿命、多くのエンドデバイスを接続する能力、セキュリティの向上など、様々な技術的なアップグレードが施されています。これにより、従来Wi-Fiが不向きとされてきた様々な過酷な環境で、産業用モノのインターネット(IIoT)をサポートする可能性があります。

Wi-Fi 6技術は、工場、倉庫、ネットワーク・オペレーティング・センター(NOC)、発電所、製油所、石油・ガス井パッド、鉱山などにおける接続性のためのレガシーユースケースと新興のユースケースをカバーしています。最新のWi-Fiネットワーキングプロトコルでは技術的なアップグレードが行われ、産業環境でのデジタル化を手頃な価格でサポートする事ができます。

工場環境では、高熱や干渉条件があるにもかかわらず、Wi-Fi 6は有線ネットワークと同等のパフォーマンスを発揮しています。スマート倉庫では、Wi-Fi 6は、在庫追跡、デジタルピッキング、ロボットなどのユースケースをサポートします。鉱山や石油・ガス採掘場など屋外の過酷な環境下において、Wi-Fi 6は現場作業員の安全性確保のための位置情報把握、専門家へのリモートアクセス、機器の修理やメンテナンスのための文書化などをサポートします。また、鉱山での自動運転車の制御にも使用されています。発電所では、Wi-Fi 6は、より安全なトレーニングや修理のための拡張現実または混合現実アプリケーションをサポートすることができます。つまり、Wi-Fi 6は、比較的安価なブロードバンド無線ローカルエリアネットワークを提供するという点で、従来のWi-Fiネットワークの利点を維持しつつ、最も過酷な環境にも適した新機能や機能を提供しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]