マイクログリッド制御:制御プラットフォームは進化によりクラウドへのシフトが進む

マイクログリッド市場の成功は、多様な分散型エネルギー資源(DER)を単一の最適化された系統に集約することができるデジタル制御プラットフォームに依存しています。マイクログリッドのコストが高いのはDER資産への投資が主な原因ですが、プロジェクトのパフォーマンスとこれらの資産からの価値抽出の鍵を握るのは制御であり、多くの場合、プロジェクトの総コストの10%未満または5%にすぎません。

ハードウェアとソフトウェアの組み合わせであるこれらの制御システムは、多くの場合、発電、蓄電、および負荷を統合し、系統の安定性を強化し、所定の経済的・環境的目標を達成するためにDER資産を最適化するための調整役となります。制御プラットフォームは進化し続けており、ハードウェアデバイスやオンプレミスのゲートウェイから、クラウドで実行されるソフトウェアやカスタマイズにシフトしています。最近では、標準化されたハードウェアコンポーネントを備えたモジュール製品に注目が集まっているなど、他のマイクログリッドのトレンドと同様に、市場は用途、目的に応じて多様性をもって変化し、成長し続けています。

2020年のマイクログリッド制御への全体的な支出は、以前の予測よりも少ないものの、クラウドネイティブソフトウェアの技術を支持する選択の変化により、収益が急増する事が予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]