スマートエネルギーコミュニティの発展 : 分散型エネルギー資源(DER)の増加、環境規制の強化などにより、グリッドの組織化を実現

エネルギーの生成と利用の性質が分散し、より柔軟にデジタル化していく中で、コミュニティ全体が様々な新興エネルギー技術を組み合わせて、低コストで、高いレベルのグリッドの回復と信頼性を実現しようとしています。離島であれ、緑地の住宅開発地であれ、都市部の多世帯住宅地であれ、再生可能エネルギー発電、エネルギー貯蔵、スマートメーター、グリーンビルディング、ブロックチェーン、その他の技術を組み合わせて、コミュニティはエネルギー使用量をより細かく制御することに関心を高めています。

スマートエネルギーコミュニティ市場の発展は、エンドユーザーの需要を中心に牽引されています。また、エネルギー消費者は、エネルギー発電機が提供してきたグリッドミックスとは対照的に、地域で生成され、自分たちで制御できるエネルギーの使用に関心を示しています。分散型エネルギー資源(DER)の増加、より信頼性の高いサービスへの要求、環境規制の強化などの圧力に動機付けられて、グリッド当局は、許容できるレベルのグリッドバランスを維持するために、グリッドを組織化し管理する新しい方法を模索しています。このような組織化は、グリッドエッジで行われることが多くなり、スマートエネルギーコミュニティの発展を促進しています。一方、スマートエネルギーコミュニティ市場は、慣習化した政策、技術の採用の遅れ、一部の住宅グループからの戸惑いなどのマイナス要因に直面しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]