スマートグリッドおよびユーティリティ向けネットワーク:スマートメータリングや、予知保全アプリケーション用に、低電力広帯域(LPWA)の利用が広がる

2020年のユーティリティには、ネットワーキングのニーズに対して新たな選択肢があります。世界的に、共有スペクトルオプションが出現しており、米国では、重要なインフラストラクチャのニーズに対応した新しいスペクトラム帯域が利用できるようになっています。そのため、世界中の大規模なユーティリティの間でプライベートLTEへの関心が高まっています。また、特に新興市場では、スマートメータリングや、資産監視、予知保全アプリケーションのために、低電力広帯域(LPWA)オプションが利用されるようになってきています。

公衆セルラープロバイダーは、産業用IoT(Internet of Things)ビジネスの獲得に新たな関心を示しており、ユーティリティにとってLPWAや4Gセルラーなどを魅力的なものにしています。長期的には、公共通信事業者やプライベート LTE を検討している事業者は、5G ワイヤレスがもたらす市場機会に注目しています。ユーティリティが、急速に変化する事業環境に適応するためにデジタル化を進めている中、より堅牢なグリッドワイドな接続性と可視性の必要性は明らかです。今後10年間でネットワーキング・インフラ、通信ノード、サービスに1130億米ドル以上が投資されると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]