EaaS市場:OPEXベースの支払いに焦点を当てた資金調達を特徴として市場の認識が進む

EaaS (サービスとしてのエネルギー)の定義は、過去3年間、不確かなものでした。市場のプレイヤーとしての認識を持つベンダーの間で、EaaSの定義や範囲には流動性が見られます。しかし、OPEXベースの支払いに焦点を当てたEaaSの資金調達は、EaaS契約の中心的な特徴として認識されるようになりつつあります。EaaS契約は、顧客がエネルギー運用の一部または全体を外部に委託することを可能にし、CAPEXや負債を回避し、代わりにOPEX予算からの支払いを可能にします。EaaSベンダーは、設置された技術を所有、制御し、暖房、冷房、電気などの出力を保証します。

利用可能なエネルギー技術の複雑化、持続可能な取り組みの拡大、様々なセクターでのCAPEXの制約などの複数の市場トレンドが、EaaSファイナンスの採用を推し進めています。顧客は、OPEXでの支払いや、素早いROIで設備をアップグレードするなど、その持続可能性と繰延メンテナンスへの対応から、EaaSファイナンスに魅力を感じています。しかし、市場はまだ未成熟であり、見込み客の間での認知度はほとんどありません。一般的な定義が進化し、顧客に知られている再現性のあるモデルを中心に収束していくことで、市場は拡大していくと予想されています。

市場は、北米、欧州、アジア太平洋、中南米、中東・アフリカの5つの地域に分けられます。また、収益は、ビル効率化、オンサイトエネルギー供給、エネルギー柔軟性ソリューションの3つの技術カテゴリ別に分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]