スマートビルディング向けIoT パンデミックの影響下、患者の監視や位置追跡など、医療分野での利用に有用

スマートビル向けIoT(Internet of Things)市場は、多くのセクターと同様に、COVID-19パンデミックの影響を受けています。そして、この影響で想定される消費支出が減少しています。施設の所有者や運営者は、テナント倒産の心配や、商業スペースがいつ、どのようにして営業を再開するかという、長引く不確実性に直面し予算を削減しています。

しかし、市場には持続する力があります。IoT技術は、必須の定義を満たした組織を収容する特定の建物として有用です。例えば、IoTソリューションは、煩雑な倉庫事業の位置追跡に役立ちます。医療分野では、パンデミックの影響下で、医療サービスにアクセスする患者に、安全な距離を保ち、位置追跡を行い、監視することが急務となっています。ビルの所有者や管理者が施設の再開を計画する際、IoTソリューションは、よりスマートなオフィス、小売、教育スペースを実現するためのツールとなっています。

市場は、地域別、技術別に分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]