セカンドライフバッテリーの市場成長 EVの急速な普及とEVバッテリーの大容量化傾向により、2030年まで増加予測

多くのEVやバッテリーメーカーが使用済みバッテリーのリサイクルや再利用の重要性に注目していることから、EVバッテリーのセカンドライフ用途が注目されています。自動車での使用が不可能になった使用済みEVバッテリーは、他の蓄電用途に使用できます。EVの採用が加速していることは、大気中に排出される温室効果ガス(GHG)の削減に貢献し、クリーンエネルギーへの移行に向けた重要な一歩を踏み出したことを意味しています。

EVの採用と費用対効果の高いエネルギー貯蔵ソリューションへの需要に伴い、セカンドライフバッテリー(2LB)市場の成長が見込まれています。セカンドライフバッテリーの蓄電容量は、EVの急速な普及とEVバッテリーの大容量化傾向により、2030年までに増加すると予想されています。この市場の成長は、EVバッテリーのバリューチェーン全体でセカンドライフ使用の機会を見極めようとしている商業関係者により推し進められています。セカンドライフバッテリーに関する政策は世界的に存在していますが、この市場では、大規模な成長を促進するために、規制の観点から焦点を当てる必要があります。

セカンドライフバッテリーの価格は、EV用ファーストライフバッテリー(1LB)と比較して競争力を維持することができると予測されています。世界の最大市場は、EV販売でも主導的な役割を果たしている、アジア太平洋、欧州、北米などの地域です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]