EV充電用エネルギー貯蔵:ピークシェービングと充電能力向上に注力 再生可能エネルギーを使った充電ステーションへの統合も視野

EVの普及率が高まるにつれ、身近で高速なEV充電への需要も高まっています。EV分野の成長を加速させるために、充電ネットワークは、高額な料金や新たなインフラの導入に多額のコストをかけることなく、より高速な充電を提供しなければなりません。その解決策の一つが、充電ステーションにエネルギー貯蔵システムを組み込むことです。バッテリーストレージシステムは、低需要時にはグリッドから電力を供給し、ピーク時には電力を放出してEVを充電することができます。エネルギー貯蔵は、EV充電ソリューションをよりコスト効率の高いものにするためのピークシェービング(需要のピークに対応するための供給サイドの特別の対策)に役立つだけでなく、太陽光発電などの再生可能エネルギー資源を使ったEV充電ステーションへの統合をサポートするためにも必要です。

EV用エネルギー貯蔵(ESEV)の市場機会は多くの場面で増えています。しかし、グリッドへの負担を軽減することが可能なバッテリーストレージの統合は、多くの企業がその高額な費用を問題として挙げています。ピークシェービングと充電能力の向上が、ESEV市場の主要な推進力であることに変わりはありませんが、現在のバッテリーストレージのコストの高さと環境への悪影響が、市場での採用拡大に向けた抑制要因となっています。二次電池アプリケーションなどの選択肢は、ESEV市場でより持続可能なオプションを提供するためのギャップを埋めることができます。

充電用途の種類には、家庭用、車両用、個人用、公共用、移動体用などがあります。充電レベルは、交流(AC)レベル1からレベル3(L1~L3)、と直流(DC)に分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]