バーチャルパワープラント市場、柔軟な容量に対するニーズが高まる ビハインドザメーター技術を使用したBYODへ進化

分散型エネルギー資源(DER)技術とそれに付随するソフトウェアの急速な発展や進化するグリッドの問題点により、柔軟な容量に対するニーズが高まっています。従来のデマンドレスポンス(DR)プログラムは、手動の直接負荷制御スイッチプログラムから、最近のBring Your Own Thermostatのフレームワークを超えて、Bring Your Own Device(BYOD)へと進化しています。この新しいフレームワークは、顧客セグメント全体に見られるビハインドザメーター(BTM)DERテクノロジーを採用しています。

同時に、BTMやフロント・オブ・メーターの柔軟な容量を最適化することで、より広範なグリッドの信頼性を高め、参加デバイスを最適化することで、従来の24時間年無休の発電所と同じ重要な目的を提供します。このバーチャルパワープラント(VPP)戦略により、受動的なエネルギー消費者を能動的な生産者に変え、彼らのニーズや好み、そしてより大きなグリッドのニーズに合わせたサービスを提供することができます。

市場は、DRとVPPの2つの主要分野に分類されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中南米、中東・アフリカの5地域に分類しています。また、VPPモデルタイプ別に、DRベース、サプライサイド、ミックスアセットなどに分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]