高度に自動化された自動車(HAV)、数百万台規模で市場展開されるのは2020年代後半の見込み

高度に自動化された運転(AD)システムの開発には多くの課題がある事が判明しており、高度に自動化された自動車(HAV)が数百万台規模で市場に展開されるのは2020年代後半になるだろうと予想されています。しかし、今後数年の間に、より高性能な先進運転支援システム(ADAS)技術が開発され、一部自動化されたシステムの可用性を従来の車両に拡大する動きが強まっています。

HAV用に開発されたコア・センシング技術と計算プラットフォームの多くは、ADASに採用されています。これにより、コンポーネントサプライヤーがHAVのために行った投資の一部を回収し始め、より安全な車両を実現するための市場を提供しています。イメージングレーダー、赤外線サーマルイメージング、近距離LIDARなど、センサーで強化されたADASは、より有能な自動緊急ブレーキと衝突回避を提供することができます。また、AD用に開発された計算プラットフォームを新しい電気アーキテクチャに統合することで、無線アップデートなどの機能を実現することも可能になります。コロナウイルスのパンデミックを受け、ソーシャルディスタンスを保つ必要性が不確定な期間続く中で、配送業界も経済の成長分野になると予想されています。自動配送ロボットは、これらと同じ技術を多く必要とします。従来の車両や新しい配送車両全体でADのための基礎技術を活用することで、すでに行われた巨額の投資から早期に利益を得ることが可能となります。ADが成熟するにつれ、必要とされるセンサーの量は増え続けることが予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]