自動車市場、コロナウイルス危機で回復は減速 BEV、PHEV、FCVなど、政府の政策支援の見直し後の生き残りにかける

バッテリー電気自動車(BEV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)、燃料電池自動車(FCV)への関心と採用は、バッテリー技術の革新と政府の支援政策によるコストの低下に牽引されて、世界的に成長を続けています。しかし、コスト、特定の車種での入手の制限、充電インフラのギャップなどの課題が残っています。これらの課題は短期的には制限されるかもしれませんが、新たな競合他社が将来の自動車市場に足跡を確立する機会を提供します。

EV市場の成長率は高いものの、その勢いは政府の支援に大きく依存しており、自動車市場全体における長年の成長によって支えられてきました。こうした状況は変化しつつあります。多くの地域でEV市場が大幅な普及率へ成長し、政府は政策支援の見直しを始めています。同時に、2017年から2018年を頂点とした自動車市場は、コロナウイルス危機前の予測では、2021年から2022年に再び回復すると予想されていました。しかし、コロナウイルスの影響下で、その回復にはさらに1、2年かかる可能性が考えられます。長期的には、政府、特に地方自治体は、コロナウイルス危機後に、地方の自動車排出ガスが大気質に与える影響について、調査を強化すると予想されます。この変革に対応し、生き残ることができた企業は、成功する可能性が高いと考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]