スマートホームデータの分析、デバイスレベルのデータ処理の増加でクラウドへの需要が減少

スマートホームデータの分析市場は、スマートホームデバイスの最も重要な実績として発展しています。新しい分析機能により、スマートメーター、サーモスタット、火災検知装置、セキュリティ装置、プラグ、照明、その他の装置の採用が促進され、住宅所有者や公益事業者に付加価値を提供しています。最も重要なことは、デバイスレベル(エッジ)のデータ処理の増加により、価値ある分析機能の範囲が拡大する一方で、オフサイトサーバーであるクラウドへの需要が減少していることです。

現在、市場では、モバイルアプリやウェブポータルを通じたより良い情報による顧客との信頼関係の拡大に焦点が当てられています。公益事業会社の住宅需要サイド管理やデマンドレスポンス(DR)プログラムに統合することで、付加価値を提供することが可能になります。企業は、ハードウェア購入にバンドルされた分析、ビジネスツービジネス(B2B)ソフトウェア、ビジネスツーコンシューマー(B2C)サービスとして、顧客エンゲージメントソリューションを提供しています。また、ベンダーは、消費者に届く前にユーティリティーやその他の仲介業者が自社製品をリブランディングするB2B2C(Business to Business to Consumer)チャネルも採用しています。

市場は5つの主要地域、4つの主要ビジネスモデル、7つのテクノロジータイプに分類されています。地域は、北米、欧州、アジア太平洋、中南米、中東・アフリカに分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]