VPP (バーチャルパワープラント)市場、主要参入企業の戦略とは

【デマンドレスポンス(DR)、太陽光発電システム、高度なバッテリー、電気自動車などの新技術の統合と最適化を可能にするVPP(バーチャルパワープラント)】

エネルギー市場の進化は、分散型エネルギー資源(DER)への依存度が高くなる方向に加速しています。増大する双方向の複雑さを管理するプラットフォームが、バーチャルパワープラント(VPP:仮想発電所)です。DERのインテリジェントな集約と最適化により、従来の24時間365日の集中型発電所と同じサービスを提供するという概念です。

VPPは、ソフトウェアベースのシステムとスマートグリッドにより集約化および最適化されたプラットフォームで、DERサービスにより発電された電力を卸売市場または流通市場にリモートで自動的に配電します。また、デマンドレスポンス(DR)、太陽光発電システム、高度なバッテリー、電気自動車などの新技術の統合と最適化を通じて、以前はパッシブであった消費者をアクティブなプロシューマーに変えるのに役立ちます。プロシューマーは、自らのニーズに応じてサービスの提供を受ける一方、より大規模なネットワークのニーズに対応して電力を供給することもできます。当レポートでは、3つの主要なVPPセグメントを追跡および予測します。

Guidehouse Insights発行「VPP (バーチャルパワープラント) プラットフォームプロバイダー」では、混合アセットVPPを提供する15社のVPPプラットフォームプロバイダーをランク付けしています。 プロバイダーは、マーケティング戦略、パートナー/買収/投資家、DERMS統合戦略、技術的範囲、地理的範囲、販売、マーケティング、流通、プラットフォームのパフォーマンス、バリューチェーンの獲得、プロジェクトポートフォリオ、ビジネスモデルと持続力、それぞれの基準に従って評価されます。

VPP(バーチャルパワープラント)市場の主要企業として AutoGrid Systems、Centrica REstore、Enbala、Kiwi Power、Limejump、Siemens、ABB、Next Kraftwerke、Enel X、AMSが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]