ADMS (高度配電管理システム)市場、トップ9社の戦略とは

【モジュール化でき、高機能化したADMS (高度配電管理システム) への革新】

配電管理システム(DMS)は、電力フローの分析、グリッド管理の最適化、および自動化のサポートのため、10年以上前に導入が始まりました。しかしながら、これまでのDMSは電力事業者が持つさまざまな配電網に対して、それぞれ別々のモデルで対応しなければなりませんでした。そのため、運用のためには頻繁なアップデートや相互間運用性の確認作業が必要でした。現在ではモジュール化可能な高機能なADMS (高度配電管理システム) への革新が進んでいます。その広範な要件と増え続けるモジュールのリストを考えると、ADMSの競争環境は独特と言えます。これにより伝統的な大規模OEMからなる少数精鋭のベンダーが生まれました。また、マネージドサービスや、共同および公益事業をターゲットとする小さくて機敏なベンダーも存在します。ユーティリティ事業者の目標と制約によって最終的なベンダーの選択がなされるでしょう。

Guidehouse Insights発行「ADMS (高度配電管理システム) 企業 – 関連9社の戦略と事業遂行状況評価」は、戦略とビジネスの遂行能力においてADMSベンダーをランク付けしています。ADMS市場のトップ9ベンダーとして、General Electric、Open Systems International, Inc.、Schneider Electric SE、Oracle Corporation、Siemens AG、ABB、Survalent Technology Corporation、Advanced Control Systems (Indra)、ETAPがカバーされています。このレポートでは、市場開拓戦略、パートナー、技術、地理的カバレッジ、販売、マーケティング、流通、製品パフォーマンス、製品ポートフォリオとインテグレーション、製品の価値、競争維持力といった基準で各社を評価しています。さらに各項目の評価点により、各社をリーダー、コンテンダー、チャレンジャー、フォロワーの四種類にグルーピングしました。当レポートはGuidehouse Insights独自のLeaderboard手法を使用して、各社の相対的な長所と短所に対して客観的な評価を行っており、各社のプロファイル、評価、ランキングを提供します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]