商工業向けデマンドレスポンス(CIDR)市場、予測期間2020年から2029年にかけて安定した成長をする見通し

【企業の持続可能性への取り組み、再生可能エネルギーの浸透が市場成長を促進】

世界の商工業むけデマンドレスポンス(CIDR)市場は、予測期間にわたって安定した成長をすると予想されます。主に市場の成熟度に基づいて、CIDRの異なる形態が今後10年の間で発展すると予想されます。北米や欧州など、より成熟した市場においてCIDRはグリッドに接続するさまざまな分散型エネルギーリソース(DER)を最適化するメカニズムとして機能します。未成熟な地域では、大口の電力需要を持つ少数の顧客のためにグリッドの安定性を向上させることにより、将来のデマンドレスポンス(DR)の成長の土台を築くでしょう。Guidehouse Insights発行「商工業向けデマンドレスポンス (CIDR) :世界市場の分析・予測」は、現在のCIDR市場を分析し、市場を形成するさまざまな要素を特定します。

商工業向けデマンドレスポンス(CIDR)市場の成長を促進する要因は、全体的な市場の成熟度、地理的環境、公益事業の市場設計、規制の状況により異なると予想されます。CIDRプログラムは、容量の制約、老朽化したインフラストラクチャ、グリッドの安定性向上といった要因によって推進されるでしょう。地域の気候と排出量の目標、企業の持続可能性への取り組み、および顧客エンゲージメントの改善などもCIDRにより実現されると思われます。

当レポートは、世界のCIDR市場を調査した結果をまとめており、その発展に寄与する要素、逆に障壁となる問題の分析を提供します。主要な国と地域の概要が含まれています。 2029年までの世界市場予測、地域(北米、欧州、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカ)ごとの分析が提供されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]