インテリジェントビルディング、排出量削減目標と地球温暖化の防止を促進

カリフォルニア、ニューヨーク、ハワイなど一部の州では州全体のクリーンエネルギーの目標が作成されていますが、都市でも独自の持続可能性の目標が作成されています。 2020年1月、ノースカロライナ州アッシュビルは、GHG排出削減と再生可能エネルギーの目標を設定する気候緊急事態を宣言しました。

2020年2月、テキサス州ダラスは、気候変動への取り組みに関する市の計画の最初の草案を発表しました。パリは、「効果的で公平かつ常識的な解決策により排出量を削減し、気候と環境リスクに対処するリーダーになること」という使命を掲げ、パリ協定に概要が示されているように、排出量削減目標と地球温暖化の防止に取り組んでいます。目標の一部として、ダラスは、グリーンビルディングの認証と電化を含む、エネルギー効率が高く、気候に強い建物を求めています。

コロラド州アスペンでは、2007年にアスペン気候行動計画が実施され、2050年までにGHG排出量を80%削減することを目標としています。同市は、計画の一環として2020年末までに30%の削減を目指しています。 2014年には、住宅用と商業用のエネルギーがそれぞれ31%と25%に貢献しました。アスペンでは、建物が総GHG排出量の50%以上を占めており、建築部門は大きな重点分野です。市はすでに手頃な価格の住宅ストックにエネルギー効率システムを導入しており、これによりエネルギー使用量が削減され、市は公共事業費を大幅に節約できました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]