急速するモバイルEV(電気自動車)充電器市場、新たなサービスと電源供給以外の市場機会も

【電気自動車需要の増加に伴いEV充電器を配置する為の電源インフラの拡充が急がれる】

電気自動車の利用人口の絶え間ない増加、新しい所有モデルの登場、自動車の種類の拡大により、現在の据置型充電ソリューションの課題と弱点が露呈されています。EV充電器市場は急速に進化しており、投資したばかりのソリューションが予想よりも早く陳腐化する可能性があることが懸念されています。多くの市場での公共充電サービスは、新規電気自動車の所有者にいまだ十分に認識されていないか、満足のいくものではない可能性があります。モバイルEV充電器は、これらのギャップを埋め、弱点を緩和するように設計されています。

モバイルEV(電気自動車)充電器には、ポータブル充電器、充電バン、一時充電器が含まれます。業界の利害関係者にとって、モバイルEV充電ソリューションは、EV所有の利便性を高め、EVバッテリーおよび充電器再利用に向けた新しい市場を創出する機会を提供します。EV充電業界にとって、また、電気自動車所有者に新しい金融ソリューションと改善されたサービスを提供する機会を提供します。

Guidehouse Insights発行「モバイルEV (電気自動車) 充電器の世界市場 – 分析と予測:充電バン・ポータブル充電器・臨時充電器」は、モバイルEV充電器の市場の評価を提供します。技術、市場の推進要因と課題、競争環境、および世界のEV市場の勢いを踏まえ、今後10年間で市場が成長する可能性を分析しています。当レポートでは、ポータブル充電器、充電バン、一時充電器を対象として調査を行っています。これらの予測は、2020年から2030年までを対象期間としており、主要な世界の地域別に分類されています。

モバイルEV(電気自動車)充電器市場の主要参入企業として、Alfen、FreeWire Technologies、Envision Solar International、Volkswagen、Chargery、EVgo Services、EV Safe Charge、NIO Powerが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]