EVバッテリー市場、アジア太平洋地域は依然として市場の主要エリア

EV バッテリー市場の分析では、BEVおよびPHEVにおいてコストが低下するパターンを示していますが、HEVのバッテリーパック価格は、システムの再設計の需要が低いため、比較的変わらないと予想されます。EVの商用化は、電気トラックや電気バスよりも著しく高く、その結果、LD(Light Duty)車両のバッテリーエネルギー容量の成長率が高くなります。

MD(Medium Duty)およびHD(Heavy Duty)車両の技術要件が高く、市場が成熟していないため、パックの価格はLD(Light Duty)車両と比較して割高です。電気トラックと電気バスは、LD(Light Duty)車両と同じレベルの規模の経済にまだ到達していません。したがって、パックの価格は、コスト低下の可能性が低い可能性があります。アジア太平洋地域は依然として市場の主要エリアであり、今後10年間、生産能力と収益の面で引き続きリードすると予想されます。欧州は、予想されるEVの売上成長の結果として、予測期間中にEV バッテリー市場を成長させることも予想されています。エネルギー密度を高めるバッテリー技術の進歩、トラックやバスなどのHD(Heavy Duty) EVの広範な商業化、原材料の調達と処理のための持続可能で効率的な方法はすべて、EV バッテリー市場の成長に貢献しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]