ブロックチェーン対応EV充電および統合、アジア太平洋は2026年以降、世界最大の市場になる可能性

エネルギー関連企業によるブロックチェーン技術の実験が近年増えています。その中でもブロックチェーン対応EV充電および統合のユースケースは、エネルギーシステムの規制および技術制約の範囲内で効果的に実現可能であることが明らかになってきています。

ブロックチェーン技術のEV充電と統合の使用例は、明確な技術目標とシンプルな開発ロードマップを作ることが重要ですが、このロードマップは、一方向充電サービスから始まり、EVのグリッドへの完全統合に向けて複雑さが増しています。 EVはグリッド信号に応答し、負荷平準化、周波数調整、需要応答などの補助サービスを提供できる分散資産と捉えられます。大手自動車メーカーと業界コンソーシアムは、この統合された未来を実現する潜在的な可能性として、ブロックチェーン技術に根気よく投資してきました。

ブロックチェーン対応EV充電および統合の合計市場は、77.9%の複合年間成長率(CAGR)で2029年までに10億ドルを超えると予想されています。ヨーロッパは、市場の成長を促進する主要な要因です。先進的な充電インフラとEVの急速な展開を反映して、アジア太平洋(中国主導)は2026年以降、世界最大の市場になる可能性があります。

Guidehouse Insights (旧 Navigant Research)は、ブロックチェーン対応の充電ポートの数が、2020年の約3,500ポートから2029年の488,633ポートに増加し、CAGRが73.9%になると予測しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]