ライティングアズアサービス市場、2029年までに14.3%の年間平均成長率で成長予想

LEDが引き続き市場に浸透し、接続された照明システムへの関心が高まるにつれて、サービスとしての照明(LaaS)はこれらの技術の採用を増やす可能性を秘めています。Guidehouse Insights (旧 Navigant Research)は、LaaSを照明システムのサードパーティ管理として広く定義しています。これには、追加の保守サービス、財務サービス、技術サービス、または運用サービスが含まれます。サービスとしてのビジネスモデルの重要な焦点は、ビジネス支出をCAPEXからOPEXにシフトすることです。 LaaSの提供は、基本的な照明のアップグレードから、高度なセンサー、制御、ネットワーク通信を含むサービスにまで及び、組織のコアミッションをサポートする価値を追加できます。

サービスとしてのビジネスモデルはさまざまな業界で見られ、新しいテクノロジーが登場するにつれて人気が高まっています。このビジネスモデルは、資本を提供し、継続的なメンテナンスを提供し、高性能なシステムを確保することにより、3つの方法で利点を提供します。このビジネスモデルにより、商業顧客は設定された時間にわたってビジネスの選択した領域を外部委託できます。またこのモデルにより、サービスとしてのソリューションの購入者は、先行投資を回避し、代わりに中核事業分野に集中することができます。このモデルにより、サードパーティのサービスプロバイダーによる市場開発に合わせてLaaS機能が最新の状態に保たれます。

LaaSは、新規またはアップグレードされたシステムのすべての段階を通じて、長期的な顧客関係を提供します。この新しいビジネスモデルと長期的な関係の強化により、プロバイダーのエコシステムは変化しています。照明メーカーは、既存の顧客との関係を拡大することにより、ターンキーサービスを提供する役割を拡大しています。照明ベンダーを超えて、すでに改装や施設管理に関与している企業は、設計から設置、管理、システムメンテナンスまでの照明のアップグレードのすべての段階でサービスを提供することにより、LaaS市場での基盤を獲得できます。 Guidehouse Insights (旧 Navigant Research)は、2020年の世界のLaaS収益を9億9250万ドルと推定し、2029年までに14.3%の年間平均成長率(CAGR)で成長すると考えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]