世界の電動自転車市場、2030年までに約470億ドルの市場に成長予想

電動自転車(eバイク)の販売は、世界中の多くの国で記録的な数を記録しています。この大幅な増加は、主要な自転車および自動車メーカーによる電化への多額の投資、欧州の消費者の間での前例のない採用、e-bikeモデルの可用性とユースケースの増加など、いくつかの新興市場と技術動向によるものです。リチウムイオン(Li-ion)バッテリーも大幅なコスト削減を達成し続けており、走行距離の拡大とサイズの縮小を実現し、消費者にとってより手頃で望ましい製品を生み出しています。

世界の電動自転車市場は、2020年に世界で273億ドルの収益を生み出し、2030年までに約470億ドルの市場に成長すると予想されています。複合年間成長率(CAGR)1.7%で、2020年には3750万台から2030年には4440万台に成長する見込みです。累積的に、Guidehouse Insights (旧 Navigant Research)は今後2年間で約2億台のeバイクが販売され、予測期間全体で約4億5000万台のeバイクが販売されると予測しています。新しい成長の大部分は、西ヨーロッパ、米国、および日本、インド、ベトナム、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランドなどのアジア太平洋地域のさまざまな国によって推進されます。

中国の過飽和状態の電動自転車市場を除くと、世界の電動自転車の販売台数は今後10年間で力強い成長を達成すると予想されており、販売台数は2020年の730万台からCAGR 8.8%で2030年までにほぼ1700万台に増加すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]