5Gの破壊的可能性、スマートシティの発展を形作る

5Gランドスケープのさまざまな要素とその展開軌道を理解することは重要ですが、5Gの真の影響が感じられるのは、3つの要素すべてを組み合わせた機能です。最も安価なセンサーから重要な自動化システムに至るまでの接続デバイスのユビキタス性と、このハイパーコネクテッドワールドにユーザーを没入させる拡張ユーザーデバイスとの組み合わせにより、都市の管理、運用、および体験方法が変わります。最もエキサイティングな機会の1つは、この可能性と、気候変動に対処する上で都市が役割を果たすべき緊急のニーズとをどのように組み合わせることができるかです。ゼロカーボン都市の概念では、都市の設計、管理、および使用方法を再考する必要があります。 5Gの破壊的可能性は、都市全体で破壊的思考が緊急に必要とされる時期に来ています。

5Gは、2020年代を通じてスマートシティの発展を形作りますが、過去10年間に行われた作業の上に構築し、拡大していきます。 5Gネットワークは、4Gネットワークを段階的に置き換えるように設計されており、以前のセルラーネットワークのアップグレードよりもスムーズに移行できます。

メッシュネットワークプレーヤー、非セルラー低電力ネットワーク、Wi-Fiなどのその他の通信技術は、5G時代において引き続き役割を果たします。ただし、5Gは他のアプローチの役割を徐々に変えていきます。たとえば、多くのメッシュおよびその他の非セルラーネットワークプロバイダーは、既存のソリューションを補完するものとして、5G接続(特に低電力ネットワーク)を提供します。次世代のWi-FiテクノロジーであるWi-Fi 6は、5G時代の補完的なテクノロジーとしても位置付けられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]