ライトEVとeスクーターの市場、アジア太平洋地域に集中の傾向

バッテリー設計のイノベーションがユーザーに付加価値を低下させ始めるポイントは、エネルギー要件が最も低い車両アプリケーション、例えば、自転車、スクーター、人力車、低速車両などの軽車両に最も近いポイントです。ここで、既存のバッテリーテクノロジーは、より大きなEVの場合よりも、ユーザーのエネルギーニーズを満たしています。したがって、技術革新は、標準化を通じて規模を拡大し、コストを削減することに焦点を移す可能性があります。たとえば、電子スクーターには小さなバッテリーがあるため、場合によってはユーザーが手動で交換することができます。フルサイズのEVのドライバーがバッテリーを手で交換することは現実的ではありません。手動のバッテリー交換により、小型車やバス用に展開された自動システムの開発と管理に関連する多大なコストを回避できます。これは励みになりますが、図1は、ライトEVとeスクーターの市場がアジア太平洋地域に集中する傾向があり、それらの地域の国々への投資機会を制限していることを示しています。

短期的には、GogoroやSUN Mobilityなどの企業のビジネスモデルを複製するバッテリー交換の展開は、ライトEVが非常に人気のある中国、インド、および東南アジアで成長し続ける可能性があります。 欧州では、eバイクやeスクーターの市場が急増している場所での複製も可能です。 ただし、北米はライトエレクトリックの難しい市場です。 カリフォルニア州サンフランシスコやテキサス州オースティンなどの都市での最近のeスクーターの殺到は、電動マイクロモビリティシステムの傾向を示している可能性があります。これは、バッテリー交換システムの機会です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]