高度送配電技術の世界市場、2029年までに802億ドルに

高度送配電技術の世界市場は大きく、急速に成長しています。Guidehouse Insights (旧Navigant Research)は、全世界の高度送配電技術の2029年までの複合年間成長率(CAGR)を6.2%と見積もっています。それぞれの技術の市場規模と成長率は、各地域の送電網の規模と複雑さの双方を反映しています。たとえば、アジア太平洋地域では、すべてのテクノロジーで大きなシェアを占めています。同地域ではHVDC、その他の高価な技術を使用した長距離送電網の構築に対する多額の投資が行われています。アジア地域では他の地域と比較すると数倍の長さを有する送電網が必要とされています。北米やヨーロッパなどのより発展した地域は分散技術に多額の投資を行っています。さらに中南米や中東およびアジアなどの発展途上地域は年間10%以上の高い成長率を示しています。

全体として、Guidehouse Insights (旧Navigant Research)は、高度送配電技術の世界市場が2029年までに802億ドルに達すると予想しています。すなわち、2020年の推定市場規模466億ドルから、今後10年間で世界市場規模が75%増加することを意味します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]