世界の洋上風力開発、アジア太平洋地域が最速で成長

洋上風力を推進するための支援政策が実施されているため、洋上風力はこれらの課題に対してより断熱されています。 洋上風力は、商業規模の太陽電池に必要な大きなスペースを確保するのが難しく、費用がかかる大きな密集した沿岸人口センターに隣接して建設されます。 2019年から2028年までの洋上風力発電の10年間の予測は、15.4%の複合年間成長率(CAGR)と年間11,580 MWの10年平均で成長しています。 この10年間の平均は、2019年末までに予想される4,738 MWから始まり、2028年までに年間17,252 MWに達します。

合計4,496 MWの洋上風力発電が設置され、2018年に試運転され、4,246 MWがオンラインになった2017年からわずかに増加しました。 2019年のデータはまだ利用できませんが、4,700 MWを超える可能性があります。

世界の地域間で容量が分割されていることから、アジア太平洋地域は最大容量で最速で成長しており、10年間の予測で58,678 MWの洋上風力容量が16.4%のCAGRで追加されています。 アジア太平洋地域に続いてヨーロッパが続き、51,853 MWを追加し、12.5%のCAGRで10年間の予測を上回る成長が見込まれています。 北米では、2021年に米国で最初の大規模プロジェクトが委託されるまで、新しい容量を追加することはできません。 北米のペースは予測期間の後半まで加速し、2027年までに年間1,000 MWを超え、10年間の予測期間中に合計5,273 MWが設置されました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]