2020年の世界のESCO収益、193億ドルと推定

Guidehouse Insights (旧Navigant Research)は、2020年の世界のESCO収益は193億ドルと推定しています。収益は、複合年間成長率(CAGR)4.5%で2029年までに287億ドルに成長する可能性があります。 収入の大部分は、2020年の115億ドルから2029年の164億ドルへと、CAGR 4.1%で保証された貯蓄実績契約から生じると予想されます。 ただし、他のESPCおよびESPCに隣接する契約メカニズムは、前述の市場の圧力に対応して、5.1%のより速いCAGRで成長すると予想されます。 図3-1が示すように、全体のエネルギーサービス収益は予測期間にわたってCAGRのESCO収益を大幅に上回ると予想され、ESCOがより広範なEaaS市場に移行する大きな機会を示しています。

北米は2020年に86億ドルの主要市場であり、2029年には3.9%のCAGRで121億ドルに成長すると予想されています。 アジア太平洋地域は、2020年に76億ドルと推定され、5.3%のCAGRで2029年に121億ドルに成長すると推定される2番目に大きい市場になると予想され、北米市場に追いついています。 ヨーロッパは、2020年に収益が31億ドルで、CAGR 4.2%で2028年までに45億ドルに達する可能性があり、3番目に大きい市場になると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]