ADASの市場規模、2022年に317億5000万米ドルを記録

ADAS(先進運転支援システム)市場の主な促進要因は、安全性と運転快適性機能に対する需要の高まりです。ADAS技術は、自動車の安全性を向上させ、ドライバーや乗客の大きな関心事である事故のリスクを低減するように設計されています。

ADAS(先進運転支援システム)の市場規模は、2022年に317億5000万米ドルを記録し、2030年までCAGR16.2%で成長することが予測されています。ADAS市場は、自動車の安全性と快適性の機能に対する需要の高まりにより、近年急速に拡大しています。ADAS技術は、警告や自動ブレーキなどの安全機能を提供することで、ドライバーの事故回避を支援しています。この技術は、センサー、カメラ、その他の電子部品を使用して車両周囲の環境を監視し、衝突を防ぐためにリアルタイムで判断を下します。自動車メーカーと消費者が自動車の安全性と快適性を優先し、ADAS機能を要求する規制が一般化するにつれて、市場は今後も成長を続けると思われます。規制によるADAS技術の採用が市場の技術革新を促進しています。自動車メーカーは規制要件を満たすため、新しいADAS機能の開発や既存機能の性能向上に多額の投資を行っており、より高度で洗練されたADASシステムの開発が、自動車の安全性を向上させ、事故リスクの低減を実現します。

ステージタイプ別に、市場は、ADASシステムの5つのレベルに分類することが出来ます。2022年はレベル2が69.54%で市場を支配しました。これは、道路上の安全性を高めるための各国政府による規制強化によるものと考えられます。規制機関や安全団体は、人命救助におけるレベル 2 ADAS の可能性を認識し、その導入を奨励しています。

センサータイプ別に、市場は、LiDARセンサー、超音波センサー、レーダーセンサー、カメラなどに分類され、中でもLiDARが優位を占めています。LiDARに対する需要の高まりは、自律走行の採用の増加とADASシステムにおける高度な知覚能力の必要性によってもたらされています。LiDARは、物体検出能力の向上、正確な距離測定、安全機能の強化など、いくつかの利点を提供するため、自律走行車を開発する自動車メーカーやテクノロジー企業にとって好ましい選択肢となっています。さらに、LiDAR技術の進歩はコスト削減と性能向上につながり、より幅広い市場プレーヤーの利用が可能になりました。

先進運転支援システム市場に参入している主な企業には、Magna International Inc、Renesas Electronics Corporation、Valeo SE、NVIDIA Corporation、NXP Semiconductors、Texas Instruments Incorporated、Continental AG、Panasonic Automotive Systems Europe GmbH、ZF Friedrichshafen AG、株式会社デンソーなどが挙げられます。

ADAS市場で事業を展開する企業は、技術革新を推進し、既存技術を強化し、新たなソリューションを開発するために、研究開発(R&D)に積極的に取り組んでいます。

2022年6月、株式会社デンソーは、ビデオゲーム開発技術を活用し、AIのティーチングに使用する学習データの作成、駐車支援システムの技術開発など、ADASの研究開発に取り組んでいることを明らかにしました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]