持続グルコースモニタリング(CGM)市場、2025年までにCAGR12%超で成長見込み

持続グルコースモニタリング(CGM)市場は、予測期間中に12%以上のCAGRで成長すると予想されています。世界保健機構(WHO)によると、死亡率の約半数は、70歳以前に起きた高血糖に関連付けることができます。WHOはまた、2030年までに糖尿病が7番目の死因になると予想しています。CGMは、インスリンポンプや日々インスリン注射を行っている患者が血糖バランスを整えるためのツールとしての確立を目指しています。臨床研究からの報告では、持続グルコースモニタリングを使用している1型糖尿病(T1DM)患者は、日常的な自己モニタリングと比較して、より良い血糖コントロールを行えていることが示されています。子供だけでなく、定期的にCGMを使用する人にも同様の効果が見られます。CGMデバイスは、データをダウンロードして血糖値の傾向を遡及的に表示するか、受信画面を介してグルコースレベルのリアルタイム画像を提供することができます。リアルタイムCGMは、患者、家族、または介護者に血糖投与のアラートを出し、タイムリーな血糖値管理を容易にします。

北米では、2019年に米国が持続グルコースモニタリング市場シェアの94%近くを占めました。2020年末までに、米国の持続グルコースモニタリング市場は11億米ドルに達する見込みです。同市場は、予測期間中に約10.8%のCAGRを記録すると予想されています。CGMデバイスは、インスリンポンプと一緒に使用することが不可欠です。米国では糖尿病管理用インスリンポンプを使用する糖尿病患者数が多い傾向にあり、CGMデバイスの販売台数もそれに続くと予測できます。この傾向は、糖尿病管理のためにインスリンポンプを使用する糖尿病患者の数が多いことを示しているため、CGMデバイスの販売台数も今後数年間で同様の傾向に従うと予測されます。 

各企業は、技術ノウハウを高め、製品開発サイクルを早めるために協力しています。例えば、2019年6月にDexcomとCompanion Medicalは、Dexcom CGMデータとInPenインスリンデータを共同で統合すると発表しました。2017年12月には、Abbottの新しいFreeStyle Libre Flash Glucose Monitoring Systemが承認されました。これは、バックアップフィンガープリックテストを必要としない糖尿病患者のための初めての持続グルコースモニターです。Abbottはまた、新規デバイスの価格を競合他社よりも大幅に低く設定しており、予測期間中にCGM市場における地位を強固にすると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]