デジタルPCR市場、2025年までCAGR17.8%で成長見込み

市場概要

デジタルPCR市場は、予測期間中、17.8%のCAGRで成長すると予測されています。市場の成長に貢献する主な要因は、癌、遺伝性および感染症などの疾患の診断およびスクリーニング検査の増加、ならびに親子鑑定および遺伝子研究の需要の高まりです。GLOBOCANによると、2018年の白血病の症例数は約43万7,033でした。このような病気の発生率が増加するにつれて、デジタルPCRの使用が増加し、市場が成長します。さらに、バイオテクノロジーの分野における技術の進歩とそれに向けた資金の増加が市場の成長を後押ししています。ただし、機器の高コストと熟練した労働力の不足は、デジタルPCR市場の成長の主な阻害要因です。

調査範囲

デジタルPCRは、DNAまたはDNA分子のターゲット部分を検出および定量化するために使用される従来型PCRが進化したものです。DNAまたは相補的DNAのサンプルを、多数の個別の並行PCR反応に分配します。DNAクローニング、遺伝性疾患の診断、遺伝子の機能解析、父子鑑定、感染症の検出、科学捜査など、さまざまなアプリケーションで使用されています。

主な市場動向
ddPCRセグメントが市場を支配

Droplet Digital PCR(ddPCR)は、水油エマルジョン液滴技術に基づくデジタルPCRを実行する方法です。ddPCRテクノロジーは、標準的なTaqManプローブベースアッセイのほとんどに使用されるものと同様の試薬とワークフローを使用します。大規模なサンプル分割は、ddPCR技術の重要な側面です。上記のddPCRの利点とは別に、癌、感染症などの有病率の増加、およびバイオテクノロジー部門の資金調達と進歩の増加がセグメントの成長を促進しています。

予測期間中、北米が市場支配を継続する見込み

北米は、予測期間を通して、市場全体を支配すると予想されます。市場の成長は、キープレーヤーの存在、地域の慢性疾患の高い有病率、確立されたヘルスケアインフラストラクチャなどの要因によるものです。さらに、有益な政府のイニシアチブと調査パートナーシップの数の増加は、市場の成長を高めることが期待される推進力の一部です。この地域では、ヘルスケア政策、多数の患者、先進的なヘルスケア市場により、米国が最大のシェアを占めています

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]