Voice over 5G(Vo5G)市場、5Gの商業化が市場の成長を牽引

「Voice over 5G」または「Vo5G」は、モバイルテクノロジーの第5世代を通じてアクセスされる音声サービスを指します。データサービスは5Gの進化を促進しますが、音声やビデオ通信ベースのソリューションは、依然として通信事業者のサービスの大部分を占めています。5G導入によって、モノのインターネット(IoT)、クラウド、およびAR/VRサービスのサポートが拡大するでしょう。また、新世代の通信規格では音声サービスアーキテクチャの再定義も期待されています。5Gは通話品質の改善に加えて、HD音声通信などの追加機能を提供するのに役立つと予想されています。

VoNRの進化、5G商用化の初期段階での音声ソリューションの必要性、VoLTEの展開の加速は、Vo5G市場の成長促進因子と考えられます。2019年11月のエリクソンモビリティレポートによると、VoLTEの加入者数は約21億で、この数は2025年までに64億に達し、LTE、5G加入者全体の85%以上を占めると予想されています。

多くの専門家は、より柔軟なうえに無料のOTTサービスにより、モバイルオペレーターの音声収益が今後5年間で減少すると主張しています。ただし、VoLTE向けの5G対のIPマルチメディアサブシステムインフラストラクチャが確立されると、モバイルオペレーターに新しい収益源が生まれ、新たな市場機会が生まれる可能性があります。レガシーネットワークが停止したのちに、回線交換音声網は、VoLTEテクノロジーを使用したオールIPコアネットワークにアップグレードされることが予想されます。IoT対応の音声アシスタント製品の開発は、5Gの商品化による音声通信の開発を促進しています。

2019年、Nokiaは北米で世界初のクラウドベース商用5G無線アクセスネットワークを展開しました。

2017年8月、HuaweiはFestoと共同で5Gネットワークアプリケーションを開発し、製造業界のデジタル変革を促進しました。

2019年8月、Samsung ElectronicsとSK Telecomは、Samsungのエンドツーエンド5G mmWaveソリューションを使ってモーターレースの実況中継を行いました。5G New Radio(NR)基地局を含む5Gテクノロジーが臨場感を高めるために利用されました。同機器は、2019年前半から米国で商用運用されていました。両社はライブビデオストリーミング機能を使用して、SK Telecomのライブ放送ソリューションであるT Live Caster 5Gを介してレースの複数のビューをリアルタイムで放送しました。

2019年5月、Samsung ElectronicsはKT Corporationと2020年までにソウルを含む韓国の10大都市圏に3GPP標準リリース13に基づく公安(PS-LTE)ネットワークソリューションを提供する契約を締結しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]