頭蓋および顔面インプラント市場、素材別では多孔質ポリエチレン、地域別では北米が市場を牽引見込み

頭蓋および顔面インプラント市場は、2020年から2025年までの予測期間中に6.9%のCAGRで成長する見込みです。頭蓋インプラントおよび顔面インプラントは、脳損傷、感染症、悪性腫瘍、出生時欠損または遺伝性疾患に起因する頭蓋骨および顔の特徴や形状の異常を修復する再建術に使用されるインプラントです。直径3cm未満で再建が不要な頭蓋または顔面の欠損は、骨セメントで修復可能ですが、3cmを超える場合は頭蓋または顔面インプラントで治療が行われます。一般的に、カスタムメイドのインプラントは患者の状態に応じて設計されています。頭蓋または顔面インプラントは、ポリメチルメタクリレート、多孔質ポリエチレンおよびチタンなどの生体適合性材料で作られており、インプラントに使用する材料は外科医が決定します。

素材別では多孔質ポリエチレンインプラントセグメントが頭蓋および顔面インプラント市場で主要な市場シェアを占めると予想されています。多孔性ポリエチレンは、材料が低コストであり、筋膜やスクレラなどの被覆材料を使用せずに眼外筋を直接縫合できるため、予測期間中は市場における優位性を維持すると見込まれています。

安全国際道路旅行協会(ASIRT)によると、交通事故により毎年約130万人が死亡し、2,000万人から3,000万人が障害または負傷を負います。世界保健機関(WHO)は、交通事故をすべての年齢層における死因の8番目に挙げています。事故発生率の上昇、後天性または先天性による顔の変形の有病率の増加、美容整形術の進歩が頭蓋および顔面インプラント市場の成長を促進すると予想されています。

北米は、頭蓋および顔面インプラント市場で主要な市場シェアを占める見込みです。米国形成外科学会によると、米国では2014年に約1,560万件の美容処置が行われました。処置件数は毎年3.0%以上増加すると予想されています。米国疾病予防管理センター(CDC)によると、米国では2015年に約2,760万人が救急部門で負傷の処置を受けました。美容整形手術の技術進歩と医療費水準の向上が北米地域の成長を促進しています。

頭蓋および顔面インプラント市場の主要企業は、Stryker Corporation、KLS Martin Group、Depuy Synthes (Johnson & Johnson)、Zimmer Biomet Holdings, Inc、Osteomed L.P、Medartis AG、Integra Lifesciences、Matrix Surgical USA、Calavera Surgical Design、B. Braun Melsungen AGなどです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]