ロボタクシー市場、驚異的ペースで成長見込み 2025年までのCAGRは120%超の予測

ロボタクシー市場は、2020年から2025年の予測期間中に120.52%という驚異的なCAGRで成長する見込みです。

世界中の主要都市で発生している交通渋滞により、大気汚染が悪化し、健康および生活の質全体への悪影響が懸念されています。ゼロエミッション車や環境に配慮したグリーン車の需要が高まり、自動運転車の需要も急増しています。現在、ゼロエミッション車、自動運転、新モビリティモデルという3つのトレンドが自動車産業における変革を加速しています。自律型のゼロエミッションロボタクシーは、この3つのトレンドをすべて具現化しており、車の所有や公共交通機関の利用に対する魅力的な代替手段として、便利でパーソナライズされた理想的な輸送手段になる潜在性を秘めています。

ロボタクシーはまだ試験段階にあり、高い製造コスト、ドライバーや歩行者への傷害のリスク、政府による適切な規制の欠如、不十分なインフラなど、実用に向けた課題が山積しています。これらの課題は、ロボタクシー市場の成長を抑制する可能性があります。しかし、ロボタクシーは、安全な停止に必要な車間距離を狭めることで交通量の大幅な増加が見込めます。ロボットは、瞬時に反応できるため、より高い安全性が見込めると同時に、安全確保のための車間距離を短くすることも理にかなっています。

欧州がロボタクシー市場を支配する見込み

ロボタクシー市場は、欧州が牽引し、中国と米国が追随する見込みです。欧州は、ロボタクシー市場に高度なモビリティ技術とインフラ面の支援を提供しています。ロボタクシーに携わっているフリートオペレーターの大半は、各地域の環境主導型車両技術を支援する規制の枠組みをはじめとするあらゆる観点から、ロボタクシーに好ましいビジネス環境を見つけています。

中国もロボタクシーに急速に取り組んでいます。例えば、中国を代表するタクシーサービス会社で、自律運転車を開発しているDidi Chuxingは、技術パートナーで電気自動車のスタートアップであるCHJオートとロボタクシーの共同開発を行っています。この取り組みでは、乗客が中国の混沌とした巨大都市を往来できる完全に無人化した全電動式ロボタクシーの開発を目指しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]