自動車オルタネーター市場、アジア太平洋地域と欧州が市場の成長を牽引

自動車オルタネーターの市場規模は、2020年から2025年の予測期間中に6.02%以上のCAGRで成長する見込みです。

自動車のハイブリッドパワートレインシステムに対する需要の高まりと厳しい排出基準は、自動車オルタネーター市場の成長促進要因と考えられています。技術の進歩と排出ガス規制の厳格化に伴い、OEMは電気自動車に移行し始めており、これが市場の成長抑制因子になる可能性があります。アジア太平洋地域は、中国、日本、インドにおける自動車販売の増加により、予測期間中も市場のシェア拡大を維持すると予想されています。

乗用車の販売台数は2018年まで増加を続けましたが、その後は世界中で大幅に落ち込んでいます。2019年には、世界で8,790万台の乗用車が販売され、2018年の9,260万台から5.1%減少しました。この売上不振は、2019年の金融危機と2020年第1四半期のコロナウイルスの発生によるものです。しかし、乗用車の販売は2020年第3四半期までに復調する見込みです。

BS-IV(ユーロIV)エンジンからBS-VI(ユーロVI)エンジンへの移行が進み、特にインドでは販売がさらに減少しています。発展途上国では、そうした傾向を食い止めるため、乗用車の販売を後押しするイニシアチブを取っています。例えばインドでは、新規制対応エンジンへの移行中にもかかわらず、BS-IV乗用車の登録が2020年3月31日まで可能であると財務大臣が発表しました。これにより、同国での乗用車販売がわずかに増加しています。

世界最大の自動車市場、中国、米国、インド、日本においても、メーカーが減産を余儀なくされたため、販売台数が急落しており、オルタネーター市場の成長を抑制しています。しかし、各国政府が乗用車の販売を伸ばすためにいくつかの措置を講じており、乗用車のオルタネーター市場は2020年第3四半期以降も速いペースで成長する見込みです。

自動車オルタネーター市場は、乗用車や商用車に対する世界的な需要の高まりによって成長が促進されています。アジア太平洋地域は、2017年にオルタネーター市場で最も高いシェアを占め、2023年末まで同じペースで成長を続けると予想されています。インド、中国、韓国は、欧米の自動車メーカーに部品を調達する主要な自動車製造拠点となっています。

欧州の自動車産業は研究開発活動に約463億米ドルを投資しています。自動車関連機器の近代化に伴い、自動車への電子機器の導入が進み、自動車の電力要件が高まっています。これにより、オルタネーターの需要の増加につながっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]