航空機フライトレコーダー市場、2025年までCAGR8%超で成長予測

航空機フライトレコーダー市場は、2020年から2025年の予測期間中に8%超のCAGRで成長すると見込まれています。

EASAやICAOなどの規制当局は、航空機に搭載される新規のフライトレコーダー(水中位置特定装置と航空機の位置特定)設置に関する規制の改正を行いました。これにより、新たな規制に適合する新製品への投資、および航空機OEMや航空機オペレーターから新規フライトレコーダーの需要が促進されています。また、デジタルレコーダーの登場により、デジタルコックピットボイスアンドデータレコーダー(CVDR)は、航空機の全体的な重量の軽減に貢献しており、市場の成長を推進しています。

民間航空機の需要は急速に増加しており、2010年から2018年にかけて、納品数は59.93%増加し、その85%以上は、航空宇宙大手、エアバス、ボーイングによるものでした。

規制の変更に伴い、既存のフライトデータレコーダーを新たな基準に沿った記録機器に置き換える必要性が高まります。これに加えて、企業は新たに高度なフライトレコーダーの開発に投資しています。

アジア太平洋地域は、民間航空機の数が最も多く、2019年の初めに約7,441機が就航しています。国内便は、過去10年間、特に中国、インド、日本、インドネシア、オーストラリアなどのアジア太平洋地域で大幅な成長を記録しました。また、北米、中東、ヨーロッパでは、大陸間の渡航が増加しています。航空会社はサービスを強化し、潜在的な顧客に対応するために、新たな飛行ルートを作成しています。これにより、航空機の発注が促進されています。

アジア太平洋地域の国々の軍事支出が増加しています。今日の各国の地政学的緊張により、新世代の先進軍用機の開発と調達が促進されています。こうした背景から、アジア太平洋地域のフライトレコーダーの需要は、予測期間中に最も高い成長率で成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]