アーバンエアモビリティ(UAM)市場、より高速でクリーンな輸送機関に対するニーズの高まりが市場への投資を促進

アーバンエアモビリティ(UAM)市場では、予測期間中に10%超のCAGRが見込まれます。

世界の大都市における交通渋滞の問題が深刻化しており、市内輸送機関の高速化に対するニーズが高まっています。アーバンエアモビリティの概念はその解決策の一つとして注目を集めています。アーバンエアモビリティ業界に対して多額の研究開発投資がなされており、新興企業や航空宇宙企業の多くがこの市場の潜在性に関心を寄せています。

乗用車数の増加に伴い、交通渋滞の問題も年々深刻化しています。特に特定のピーク時に、道路の交通量が増加し、通勤者が移動に費やす時間が大幅に増えています。ほとんどの国において、既存の道路システムはピーク時の交通量を処理する能力がありません。これは市民の時間を浪費しているだけでなく、政府にとっても早急に対応しなければならない重要な課題です。さらに、化石燃料で走行する乗用車数の増加による環境汚染も増大しています。

政府とテクノロジー関連企業は、この交通渋滞と都市交通の課題を解決するため、旅客輸送と貨物輸送の実行可能なオプションとしてUrban Air Mobility(UAM)を検討し始めています。

UAMは安全で効率的な航空輸送システムです。乗客を乗せた航空タクシーが人口密集地域の上空で運行するため、時間の大幅な節約が可能です。また、UAMに使用される航空タクシーは、ほとんどが電動式または燃料電池式であるため、大気汚染の軽減に役立ちます。

現在、多くの企業がUAM業界に積極的に投資を行っています。UAMシステムが商用利用フェーズに入った後、この潤沢な資金が市場の技術進歩を長期的に後押しすると期待されています。

主要国がUAMのコンセプトの商用化に取り組んでおり、地域別では欧州と北米がリードしています。欧州では最近、いくつかの都市が、スマートシティとコミュニティに関するヨーロッパイノベーションパートナーシップ(EIP-SCC)の一部であるアーバンエアモビリティ(UAM)イニシアチブに参加しています。このイニシアチブは、UAM市場の創出に貢献することを目的としています。このイニシアチブのもと、革新的なアーバンモビリティソリューションを備えた企業が集まり、実現可能なソリューションの大規模複製をサポートしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]