コネクテッド玩具市場、子供の教育向けおよびスマートフォン対応商品が市場の成長を促進

コネクテッド玩具市場は、2020年から2025年までの予測期間中、16%のCAGRで成長すると予測されています。IoTとスマートテクノロジーで構成される今日のテクノロジーコネクテッドの世界では、玩具もコネクテッドタイプの人気が高まると予想されています。コネクテッド玩具は、子供たちの学習をより楽しいものへと進化させています。コネクテッド玩具には、音声認識テクノロジーが搭載されており、通常、高度なセンサーベースのテクノロジーを使用して情報を収集し、クラウドプラットフォームが情報を処理し、ユーザーとやり取りを行います。

子供向け教育玩具の採用の増加は、コネクテッド玩具市場の成長促進因子と考えられています。親は、子供の知的発達を支援する製品を探しており、その結果、コネクテッド玩具の需要が高まっています。たとえば、CogniToys社のDinoはWi-Fi接続を維持しながらIBM社のWatsonの自然言語処理テクノロジーを使用して、子供たちの年齢層とスキルレベルに合わせて応答を調整します。この玩具は、単語の綴りを子供たちに教えることもできます。

コネクテッド玩具市場では、スマートフォン対応商品の需要が高まっています。子供は、親と一緒に過ごす時間より、スマートフォンや他のガジェットに費やす時間のほうが長くなっています。そのため、メーカーは、コネクテッドデバイスの機能を活用するスマートフォンベースの玩具に投資しています。たとえば、2018年にSZ DJI Technology 社は、手のジェスチャーとスマートフォンアプリを使用して飛行と記録を行う折りたたみ式ドローンMavic Airを発売しました。このようなイノベーションは、予測期間にわたって市場の成長を牽引すると期待されています。

一方、子供たちは、これらの玩具がどのように機能し、また、どのようなリスクをはらんでいるのか理解するのが難しい脆弱な立場にあります。したがって、このようなセキュリティの問題を克服し、安全な製品を実現するにあたり、規制は重要な役割を果たしています。たとえば、欧州の一般データ保護規則は、市民による個人データのコントロールを規制しており、その適用範囲はコネクテッド玩具にまで及んでいます。このような規制は、コネクテッド玩具のデータのプライバシーにプラスの影響を与えていると考えられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]