持続可能なフードサービスパッケージ市場、オンラインによる食品注文が市場の成長を促進

持続可能なフードサービスパッケージ市場は、2019年に624億6,000万米ドルに達し、2020年から2025年の予測期間中はCAGR 5.3%で成長すると予測されています。フードサービス業界では、プラスチック容器が引き起こす環境への影響が懸念されています。リサイクル資材をフードサービスに使用する企業の取り組みにより、予測期間中に市場が拡大すると見込まれています。

都市人口の増加に伴い、調理済み食品の需要が高まり、フードサービスパッケージ市場の需要に大きな影響を与えています。特に、持続可能なフードサービスパッケージソリューションへの需要の高まりが市場を牽引しています。Just Eatの調査によると、英国ではテイクアウトへの家計支出が2017年の101億ポンドから2018年には104億ポンドに増加し、2021年には112億ポンドに達すると予想されています。

一方で、品質基準を遵守するために政府が設けた厳格な規則や規制の増加は、市場の成長阻害因子と考えられています。例として、Winpakは継続的にイノベーションに取り組んでおり、フードパッケージ製品の製造プロセスの40%以上に再生可能エネルギーを取り入れています。さらには、硬質パッケージの40%以上がリサイクル可能かつ再利用可能です。パッケージコンバーターフィルムの40%以上は、フードサービスパッケージに使用される前に既にリサイクルされています。しかし、持続可能なフードサービスパッケージに使用される資材のリサイクルにかかるコストが高いため、市場の成長を阻害する可能性があります。

オンラインによる食品注文やテイクアウトを利用する頻度の増加は、プラスチック製のコンテナーやトレイ、段ボール箱などのフードパッケージ製品を大量に使用するため、持続可能なフードサービスパッケージ市場の成長を後押しします。主要な地域では、都市化、ライフスタイルの変化、ペースの速い仕事環境への対応、オンラインフードプラットフォームへの依存などにより、フードサービス業界のダイナミクスが急速に変化しています。その結果、持続可能なフードサービスパッケージソリューションへの需要が高まっています。さらに、安全性と利便性を向上させ、製品寿命を延ばし、鮮度を監視できるインテリジェントパッケージソリューションに対する最近の傾向や消費者の趣向の変化も、持続可能なフードパッケージソリューションに対する需要の増加に関係しています。持続可能なパッケージの市場規模、ならびに持続可能なパッケージ資材としての紙、プラスチック、ガラス、金属およびその他の包装材料の使用の増加は消費者の購買習慣に変化を与え、エコフレンドリーな環境をもたらしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]