メッセージングセキュリティ市場、2025年までCAGR15.4%で成長見込み

メッセージングセキュリティ市場は、2019年に55億米ドルに達し、2020年から2025年の予測期間中は15.4%のCAGRで成長すると予測されています。

メッセージ機能を介して送信する情報に対するセキュリティ上の脅威の増大は、予測期間におけるメッセージングセキュリティ市場の成長促進因子と考えられています。また、メッセージングセキュリティ上のインシデントの増加、ならびにより良いソリューションを提供する政府の規制策定が急速に加速しており、メッセージングセキュリティ市場の成長を推進しています。2018年に行われたData Connectorsの調査によると、世界で約43%の企業が2017年にサイバーセキュリティ侵害の被害に遭いました。

セキュリティ上の脅威の深刻化に伴い、インスタントメッセージングプロバイダーからのセキュリティソリューションに対する需要が高まります。しかし、高度なメッセージングセキュリティソリューションのコストが高い場合、市場での普及が制限される可能性があります。したがって、企業は安価なソリューションを見つけるため、精力的に研究開発を行っています。

当部門、従業員、顧客の間で、送付された電子メールやSMSの保存データは、電子トランザクション数が増えるにつれてえ継続的に増加します。そこには重要かつ貴重な情報が含まれており、ハッカーに金銭的利益をもたらす可能性があります。さらに、社内外の主要な通信方法として電子メールを使用する投資銀行などは、電子メールを暗号化し、情報漏洩やアカウントのハッキングを防ぐ措置を講じています。

アジア太平洋諸国の政府当局は、同地域のメッセージングセキュリティ市場の成長を促進するメッセージングトラフィックに対して厳格な規則と規制を実施しています。アジア太平洋地域は、他の地域と比較してハッカーの標的にされる可能性が80%も高いことがわかりました。これは、同地域のサイバー法が有効とは言い難く、サイバーセキュリティに対する認識が不足しているためです。

メッセージングセキュリティ市場は、Tata Communications、Macafee、Cisco、Microsoftなど市場の主要企業の存在により断片化されています。ハッカーは継続的にメッセージングソフトウェアのセキュリティに侵入しようとしているため、企業はユーザーが不必要な攻撃やスパムを防ぐためにファームウェアとファイアウォールソフトウェアの更新に多額の費用を費やしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]