スマートモーター市場、2025年までCAGR7.95%で成長予測

スマートモーター市場は、2020年から2025年の予測期間中、7.95%のCAGRで成長すると予測されています。インテリジェントモーター制御を搭載したアプリケーションにおいて、モーターのパフォーマンスおよび動作効率を向上させるために高度な通信が可能になります。しかし、従来のモーターからスマートモーターへのスイッチングコストが高いため、企業は、可変周波数駆動ソリューションの採用も検討しています。

Economic Times紙によると、インドの鉱工業生産指数は2018年6月に7%に上昇しました。製造業セクターに存在する23の産業グループのうち、19の業界グループが、前年の同月と比較してプラス成長を遂げました。

インドは、工場のオートメーション技術に多額の投資を行っています。同国のオートメーション市場は、生産性向上のために新技術の使用を促進することを目指す政策「産業政策2017」などにより強化されており、国内の製造プロジェクトを奨励しています。その結果、インド国内のスマートモーターの採用を後押ししています。

さらに、スマートモーターは、航空機外板加工に使用されるフレキシツールのツーリングマシンとして使用されています。中国、日本、インドなどでは、航空宇宙プロジェクトに多大な投資を行っています。これらのプロジェクトは、予測期間中にアジア太平洋地域のスマートモーターの需要を促進すると予想されています。

スマートモーターの市場は、製品を提供する市場に大手企業が多数存在するため、適度に断片化しています。これらの企業は、戦略的パートナーシップの提携や製品開発を行い、より多くの市場シェアを獲得するために継続的に投資を行っています。最近の企業動向の一部は以下の通りです。

2019年6月 – スマートモーターの開発と提供を行っている新興企業Software Motor Companyは、JLL SparkやMeson Capitalを含む投資家からシリーズA-2資金として3,120万米ドルの投資を集めました。

2019年2月 – TRINAMICは、DCモーターのスマートブラシレスレンジを導入しました。これは、正確な動きが可能で、さまざまなアプリケーションの品質管理向け閉ループフィードバックと統合された初のシリーズです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]