銀行キオスク市場、2025年までにCAGR27.54%で成長見込み

銀行キオスク市場は、2020年から2025年の予測期間に27.54%のCAGRで成長する見込みです。銀行キオスク市場は、金融分野における複数のセキュリティ関連アプリケーションにおけるセルフサービス需要の高まり、インタラクティブキオスクが提供する顧客サービスの強化、全体的な運用コストの削減、インド、中国、日本などでの採用の増加などが成長促進因子に挙げられています。

スマートシティやデジタル化プロジェクトによる新たなイノベーションや展開に焦点を当てた国々では、予想期間内に銀行キオスク市場の需要増加が見込まれています。銀行キオスクの需要を促進する要因の1つは、セルフサービスセキュリティアプリケーションの需要の高まりです。さらに、銀行キオスク展開のための政府によるイニシアチブも銀行キオスク市場の成長を後押ししています。例えば、2019年3月、シンガポールのDBS銀行は今後12~18ヶ月でインドに100のキオスクと支店を立ち上げる計画であると発表しました。さらに、銀行キオスクは、顧客にさらなる利便性を提供し、銀行へのサービスコストを節約するリモートバンキングチャネルでもあります。銀行キオスクを使用すると、窓口に並んだり、現金や預金を転送したりする際に費やされる時間の節約が可能です。しかし、高額な初期設置コストや、モバイルデバイスの使用増加による大幅な銀行キオスク使用減が市場の成長抑制因子になると考えられています。

銀行の多機能キオスクは、CTSインターフェイス付きの小切手預金施設、デビットカードとネットバンキングを使用した支払い機能、ブラウザベースのインターネットバンキング、残高の問い合わせやミニステートメントを含む非現金サービスや問い合わせ対応機能などを提供しています。顧客は、銀行取引を行う手間と時間を削減するため、セルフサービスソリューションを優先しています。Source Technologiesの調査によると、セルフサービスのリテールバンキングキオスクは、物理的な支店に大幅な改善を提供することができます。例えば、通常、銀行の窓口から小切手を受け取るのに9分かかりますが、セルフサービスのキオスクを使用すると40秒で小切手を受けることができます。したがって、顧客はセルフサービスキオスクで13.5倍も速くサービスを受けることが可能になります。

地域別では、アジア太平洋地域が予想期間中に最も急成長すると予想されています。アジア太平洋地域の政府は、フィンテック産業の発展を強化し、革新的な銀行ソリューションを提供するために取り組んでいます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]