グラフィックプロセッサ市場、2025年までCAGR33.35%で成長予測 ゲーム業界が市場の成長を牽引

グラフィックプロセッサ市場は、2020年から2025年の予測期間中、33.35%のCAGRで成長する見込みです。産業通商管理局(ITA)によると、米国のメディアおよびエンターテインメント業界は、2022年までに8,300億米ドル超に達すると予測されています。

タブレット、スマートフォン、ノートブックに対する消費者の支出が増加し、高度な視覚効果を提供し高速ゲームアプリケーションに必要とされるグラフィックプロセッサの需要が高まっており、ゲームアプリケーション市場の成長を促進しています。製造、自動車、不動産、ヘルスケア業界においては高精細グラフィックスアプリケーションと3Dコンテンツをサポートするプロセッサの使用が増加し、グラフィックプロセッサ市場の成長促進因子となっていると考えられています。たとえば、自動車分野における製造および設計アプリケーションをサポートするため、CADとシミュレーションソフトウェアはGPUを活用し、写真のようにリアルな画像やアニメーションを作成しています。

地理情報システム(GIS)と没入型マルチメディアの台頭は、グラフィックス処理市場の成長を後押しする原動力としても機能しています。スマートフォン、タブレット、その他のモバイルコンピューティングデバイスの普及により、GISのようにリアルタイムの空間データや地理データを提供するアプリの利用が増加しています。GISを使用すると、ユーザーはクエリの作成、空間情報やマップデータの分析、アウトプットの提供が可能になります。リアルタイムの情報を処理するため、モバイルコンピューティングデバイスは、大規模なグラフィックプロセッサを組み込んでいます。

ゲーム用ハードウェア市場は巨大で、ハンドヘルドデバイスからタブレット、携帯電話、PC、家庭用ゲーム機、据え置き型のゲームセンターやゲームパーラーまで、あらゆる種類のプラットフォームが見られます。ゲーム機は、ゲームセンター、レストラン、バーに設置されている設置ベースの強力なマシンに始まり、専用のゲーム機やマイクロコンピュータ、そしてPCの形で家庭向けマシンに進化しました。

ゲーム環境は、バーチャルリアリティの復活とゲーム向け拡張現実の導入により、さらに拡大しました。例えば、Niantic LabのポケモンGOのようなARゲームは、ロケーションベースのゲームであり、Googleマップを使用してポケモンのキャラクターで満たされた神話の世界を創出します。ユーザーは、新しい路地を探索したり、モバイル画面上の隠された文字を探したりすることを推奨されますが、現実の世界でも結局数マイル歩くことになります.

グラフィックプロセッサ市場は、中国、日本、シンガポール、インドなどのアジア太平洋地域の国々で高い需要が見込まれています。これは、モバイルコンピューティングデバイスの採用が増加し、同地域におけるゲームアプリに対する需要が高まっているためと考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]