アレルギー治療市場、免疫療法の承認の高まりが市場規模拡大を促進、皮下免疫療法(SCIT)に高い成長率予測

市場概況

アレルギー治療市場の主な成長促進因子には、アレルギーに起因するさまざまな負担、新たなアレルギー治療開発へのメーカーによる投資、およびセルフメディケーションの重要性などの増加が含まれます。

増加するアレルギー症例は、予測期間中にアレルギー免疫療法の需要を増加させ、市場の成長につながると予想されます。小児期の喘息とアレルギーに関する国際調査(ISAAC)によると、13?14歳の幼児の約22.1%が花粉症の影響を受けていることが世界アレルギーウィーク2016のファクトシートで世界的に発表されました。米国アレルギー、喘息&免疫学カレッジ(American College of Allergy, Asthma & Immunology)によって発表されたデータによると、アレルギーは米国の慢性疾患の中で6番目に位置し、年間コストは180億米ドルを超え、毎年5,000万人以上の米国人がアレルギーに苦しんでいます。また、世界的に食物アレルギーに苦しんでいる人が増加しています。したがって、増加するアレルギー性疾患の負担は、アレルギー治療の需要を促進すると予測されています。

主な市場動向

皮下免疫療法(SCIT)は、最も一般的に使用されている効果的なアレルギー免疫療法であり、実際に免疫系を変化させて新規のアレルギーや喘息の発症を防ぐことができる唯一の治療法です。免疫療法の承認の高まりは、市場の成長促進因子です。たとえば、最近、2018年に主要市場プレーヤーの1つであるStallergenes Greerは、米国食品医薬品局(FDA)から、アレルギー免疫療法用舌下錠であるOralairを5歳から9歳の花粉誘発性アレルギー性鼻炎患者の治療に使用できる適応拡大の承認を取得しました。さらに、政府は住民の間でアレルギーに対する意識を高めるためのイニシアチブを主導しています。たとえば、最近、2018年1月に、日本アレルギー学会は、アレルギーに関する専用のWebサイトをオープンしました。これに従い、高まるアレルギーの負担と人々の意識の高まりにより、市場は大きく成長することが期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]