圧縮空気エネルギー貯蔵(CAES)市場、2025年までCAGR42%超で成長見込み

圧縮空気エネルギー貯蔵(CAES)市場は、2020年から2025年までの予測期間中に42%超のCAGRで推移すると予測されています。圧縮空気エネルギー貯蔵システムとの再生可能な統合や実証プロジェクトの実施などの要因は、圧縮空気エネルギー貯蔵システムの技術開発と相まって、市場の成長促進因子になると予想されています。一方で、投資や技術の欠如などにより、市場がいまだ発展途上にあることが市場の成長阻害因子と考えられています。

断熱圧縮空気エネルギー貯蔵システムは、2019年時点において商業目的で配備された唯一のシステムでした。最初の非断熱圧縮空気エネルギー貯蔵プラントであるハントルフ圧縮空気エネルギー貯蔵プラントは、1978年にドイツで建設されました。この圧縮空気エネルギー貯蔵プラントは、298 MWの容量と約40%の効率性しかありませんでした。断熱および等温圧縮エネルギー貯蔵システムは現在、研究段階にあります。

オフショア風力タービンにおける圧縮空気エネルギー貯蔵の使用は、より低価格でかつ環境配慮型であるため、今後増加する可能性が高く、近い将来、圧縮空気エネルギー貯蔵企業に新たな方向性を示すと予想されています。大規模な再生可能エネルギーの展開と、大規模なエネルギー貯蔵システムの需要の増加が相まって、地域レベルではCAESのプロジェクト数において最速で拡大すると見込まれている北米が市場の成長を牽引すると予測されています。

米国の電力部門は、石炭から天然ガスへの移行が急速に進んでおり、大きな変革期を迎えています。コスト減少と環境上の利点により、再生可能エネルギーの統合も非常に速いペースで進んでいます。米国では、老朽化した電力網の安定性を確保するために、エネルギー貯蔵システムの大規模な実装が重要であると考えられています。また、経済の脱炭素化に向けて、環境配慮型の再生可能エネルギーの割合が増えると見込まれています。エネルギー需要に対する再生可能エネルギーへの依存度の増加に伴い、安定した電力の供給が必要です。再生可能エネルギーは一般的に気象条件に大きく依存しているため、効率的なエネルギー貯蔵の必要性が増加すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]