グラファイト電極市場、電気アーク炉の使用増が市場の成長を後押し

グラファイト電極の市場は、予測期間中に9%以上のCAGRで成長すると予想されています。グラファイト電極の製造に使用される主原料は、針コークス(石油系または石炭系)です。

新興国における鉄鋼生産の増加、中国における鉄鋼スクラップの可用性の上昇により、電気アーク炉の使用が増加し、予測期間中の市場需要を後押しすると予想されています。針コークス価格の高騰、中国におけるUHPグラファイト電極の限定された成長やグラファイト電極産業の統合は、供給の厳しさを生み出し、市場の成長阻害因子になると考えられています。

グラファイト電極の価格急騰は、電気アーク炉のコストを押し上げました。さらに、大気汚染に取り組む中国政策は、鉄鋼セクターだけでなく、粒子状汚染を引き起こす石炭、亜鉛、その他のセクターに対し、強力な供給抑制を行っています。その結果、中国の鉄鋼生産量はここ数年で大幅に減少しています。しかし、これはより良いマージンにつながるために、地域の鉄鋼価格と製鉄所にプラスの影響を与えると予想されます。

グラファイト電極市場

地域別では、アジア太平洋がグラファイト電極市場のシェアを独占しています。中国は、グラファイト電極の消費と生産量の双方で最大のシェアを占めています。自動車の生産拡大は、住宅建設業界の拡大とともに、非鉄合金や鉄鋼の国内需要を支え、今後数年間のグラファイト電極需要においてプラスの成長をもたらすと予想されています。

中国におけるUHPグラファイト電極の現在の生産能力は、年間約5万メートルトンです。中国におけるUHP電極の需要も長期的に大きな成長を遂げ、予測期間の後半に5万メートルトン以上のUHPグラファイト電極の追加容量が見られると予想されています。

現在、グラファイト電極市場で圧倒的シェアを占めている企業はほとんど存在しておりませんが、グラファイト電極市場の主要企業として、Fangda Carbon New Material Technology Co. Ltd、GrafTech International、Graphite India Limited、Jilin Carbon Co. Ltd、昭和電工株式会社などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]