5Gチップセット市場、2025年までCAGR87.8%で成長予測

市場概況

5Gチップセット市場は2018年まで技術が商品化されていなかったため、2019年から市場の評価が始まりました。同市場は、2020年から2025年までの予測期間中、CAGR87.8%の成長が見込まれています。

調査範囲

5Gチップセットは、スマートフォン、ポータブルホットスポット、IoTデバイス、さらにはモバイルネットワーク機能を備えたノートブックPCでの5Gパケット伝送を可能にします。5Gモバイルデバイスは、従来のサブ6GHz帯域と新たなMIMOアンテナシステムを組み合わせるだけでなく、高周波ミリ波(mmWave)帯域と高度に焦点を絞ったビームステアリングをも組み合わせると予想されています。

主な市場動向

産業オートメーションが市場シェアを圧倒

  • 製造業界は、製品とビジネスライフサイクルの短縮化とビジネスの激しい変動により、大きなプレッシャーにさらされています。労働力の高齢化に伴い、利益率が低下し、コンポーネントの製造がますます多様化し、複雑化しています。
  • IoTと5Gネットワークを組み合わせることで、産業オートメーションに関連する前述のビジネス上の問題がさらに強化されることが期待されます。拡張ネットワークにより、製造業者は、スマートファクトリを構築し、人工知能(AI)、機械学習、拡張現実、自動化などの新しいテクノロジーの活用が可能になります。
  • 将来的に、スマート工場は作業環境のあらゆる側面を監視するセンサーを備えることが期待されています。5Gネットワークは、スマートファクトリに低遅延、ワイヤレスの柔軟性、および大容量パフォーマンスを提供し、生産環境における課題を克服できるようなるでしょう。 その結果、チップセットメーカーが主に産業オートメーションで使用されるデバイスに投資する大きな機会が創出されます。
  • 産業オートメーションでは、5Gは新たなオペレーティングモデル実現の役割を果たします。特に、ワイヤレス業界は将来の顧客や潜在ユーザーと関わる必要があります。

競合情勢

5Gチップセット市場は、適度に細分化されています。現在、5Gチップセットの生産に関与するすべての企業が高い競争力を有し、高いR&D能力を持っています。このような環境は、製品の商品化前であっても、予測期間中に競争力が高まる可能性を示しています。

5Gチップセット市場の主要なプレーヤーは、Qualcomm、Intel、Samsungです。Qualcommは、次の主力モバイルプラットフォームでは、7nmプロセスノード上に構築されたシステムオンチップ(SoC)が特徴となることを発表しました。7nm SoCは、Qualcomm Snapdragon X50 5Gモデムとペアリングできます。これは、スマートフォンやその他のモバイルデバイス向けでは初の5G対応モバイルプラットフォームになると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]