建材一体型太陽光発電市場、2025年まで14.79%のCAGRで成長見込み

2020年から2025年の予測期間中、建材一体型太陽光発電(BIPV)市場は14.79%以上のCAGRで成長すると予想されます。BIPVは、効果的かつ持続的に建物の外面を改造する魅力的なソリューションです。BIPVは材料と電力消費を節約すると同時に建物のエネルギー効率を改善させます。今後数年間、特に住宅および商業部門においてBIPVソリューションの需要が高まると期待されています。一方で、コストの低下と屋上太陽光PV技術の向上が同市場の成長を抑制すると予想されています。屋上太陽光PVの技術はBIPVよりもかなり速いペースで進んでおり、購入者の多くはBIPVより屋上太陽光を選択しています。

BIPVのタイプ別では、結晶タイプが最も広く使用されており、BIPV市場で最大のシェアを占めると予想されます。近年、EU、米国、およびその他の先進国は、ネット・ゼロ・エネルギービルディングの設計または建設にシフトしています。さらに、ゼロエネルギービルディングの実装に関する目標は、国際レベルですでに発表、もしくは提案されています。これにより、今後、BIPVテクノロジープロバイダーに重要な市場機会を生み出すことが期待されています。

BIPV市場で使用されている主要な太陽光発電(PV)テクノロジーは結晶モジュールです。結晶シリコンを使用した従来のソーラー技術は、ソーラー市場の80%以上を占めています。結晶シリコンはBIPVで最も広く使用されている材料であり、ファサード、カーテンウォール、屋根に使用されているソーラーパネルのほとんどは結晶シリコン製です。

結晶シリコン太陽電池モジュールは、マイクロエレクトロニクス技術を使用して開発された結晶シリコン太陽電池で構築されています。結晶シリコン太陽発電で使用される結晶シリコン太陽電池には、単結晶シリコンと多結晶シリコンの2種類があります。結晶シリコン製の軽量なフレキシブルパネルは、薄膜性よりも安価で効率的ですが、柔軟性が低いため、恒久的な固定具を備え、且つ人目につかない平らな屋根などのアプリケーションに最適です。

マイクロインバーターの出現により、高温によるシェーディングやパフォーマンスの低下といった問題を部分的に解決できるようになりました。結果として、今後数年間でBIPV市場における結晶シリコンの統合に新たな推進力をもたらすと期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]