使用済み燃料および核廃棄物管理市場、原子力発電所の廃炉活動が市場の成長を促進

使用済み燃料および核廃棄物管理市場の市場は、2020年から2025年の予測期間中、原子力エネルギーの需要の増加により、CAGR1.5%で成長すると予想されています。原子力発電所は、化石燃料による発電と比較して、より少ない炭素排出で発電が可能です。原子力発電によって生成される廃棄物の量は火力発電など他の技術と比較して非常に少ないものの、核廃棄物の適切かつ安全な管理が必須で、原子力発電所のオペレーターにとって最も重要な課題となっています。さらに、2020年以降の原子力発電所廃炉プロジェクトの取り込みにより、世界の使用済み核燃料および核廃棄物管理市場の需要は増加しています。ただし、初期費用が高く、投資回収期間が長い点が、予測期間中に使用済み燃料と核廃棄物管理市場の成長抑制因子となる可能性があります。

世界中で進行中および今後予定されている原子力発電所のクリーンアップ活動と、廃炉活動が、当市場の拡大を推進しています。中東およびアフリカの主要国は、主要企業数社とともに、非化石燃料ベースの発電技術、特に小型の原子炉に投資を行っています。サウジアラビアは、2030年までに原子力発電所の建設計画の30〜50%を達成することを目指しています。ヨルダンをはじめ、他の数カ国が原子力発電所建設の初期段階にあり、使用済み燃料および核廃棄物管理市場に成長の機会をもたらす見込みです。アジア太平洋地域は、中国、インドなど主要な発展途上国の存在により、最も急速に成長する地域になると予想されています。

環境問題の深刻化と電力需要の急増を受けて、原子力発電は、電力需要に対応し、温室効果ガスの排出を相殺することができる最も信頼できるオプションになりました。原子力発電はクリーン電力技術であり、増大する電力需要に効率的に応えることができます。しかし、原子力発電所は多くの核廃棄物を生成します。核廃棄物とは通常、原子炉での核燃料の燃焼後に残った物質または残留物を指します。これらの残留物は、急性放射線症を引き起こす放射性物質を含んでいます。

技術の進歩により、原子力発電の燃料利用率が向上しました。現在約440基ある原子力発電所は世界の電力の約10%に相当するクリーンエネルギーを提供しています。また、世界には30年を超える老朽化した原子力発電所が多数存在します。原子力発電所のほとんどは1967年から1990年の間に建設されました。さらに、1977年から2013年まで、ガスベース発電の経済的魅力の高まりにより、新規の原子力発電所建設は行われませんでした。その結果、原子力発電所の廃炉を支援する原子力部門への投資が減少しました。使用済み燃料と核廃棄物は、放射能からの汚染を防ぐため、地下深く埋める必要があり、予測期間中に使用済み燃料および核廃棄物管理市場を牽引することが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]