アルミニウムニッケル触媒市場、水素化反応の需要増が市場規模拡大を促進


市場概況

アルミニウムニッケル触媒市場は、予測期間中に4%超のCAGRで成長すると予想されています。市場の成長促進因子は、水素化反応の需要の増大です。一方で、アルミニウムニッケル触媒に関する安定性と安全性の問題は、市場の成長抑制因子になると考えられています。

主な市場動向

水素化アプリケーションで高まる需要

  • アルミニウムニッケル触媒は、主に炭素-炭素二重結合、ニトロ、アジド、ニトリル、オキシム基など多数の官能基の水素化に使用されます。さらに、この触媒は非常に高い圧力と温度を伴う水素化反応にも使用されます。
  • アルミニウムニッケル触媒は、ニトロ化合物、アミン、カルボニル、アルコール、ニトリル、アミン、オレフィン、アセチレン、飽和物などの水素化用途でも使用されます。また、アルコールの還元的アルキル化、還元的アミノ化、アンモノリシスにも広く使用されています。
  • 水素化反応の主な最終用途は、食品加工、石油化学、石油産業です。
  • 石油産業では、水素化は水素化分解と呼ばれるプロセスで使用されます。水素化分解は、重質原油の水素炭素を分解し、ディーゼル、ガソリン、ジェット燃料などのより軽質な石油製品にします。
  • このような水素化の産業用アプリケーションは、予測期間中にアルミニウムニッケル触媒市場を牽引する予定です。

アジア太平洋が市場を支配

  • アジア太平洋地域では、中国とインドが約30%の市場シェアを占め、同地域を支配しています。
  • カプロラクタムの多くは、アルミニウムニッケルなどの触媒を利用するシクロヘキサノンから合成されます。中国におけるカプロラクタムの生産は、ナイロン6生産の需要増大に伴い増加しています。
  • 2019年の中国のカプロラクタム生産能力は、2017年から30%以上増加し、今後5年間でさらに増えると予想されています。
  • ソルビトールの製造には、アルミニウム-ニッケル触媒が使用されます。中国はソルビトールの主要生産国であり、世界の総生産量の約40?45%を占めています。
  • インドでは、欧米食品の浸透が進み、過去5年間でマーガリンとスプレッドの売上が80%以上増加しました。
  • これらの要因により、今後アルミニウム-ニッケル触媒の需要は増加すると予想されます。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]