自動車用シートベルトプリテンショナー市場、2026年には61億7,000万米ドル規模に到達予測

市場概要

自動車用シートベルトプリテンショナー市場は、2020年に30億7,000万米ドル、2026年には61億7,000万米ドルに達し、2021年から2026年の予測期間中にCAGR8%以上を記録すると予測されています。

現在進行中のCOVID-19の大流行は、多くの産業に悪影響を及ぼしており、自動車産業も例外ではありません。ウイルスを封じ込めるためのガイドラインにより、メーカーが操業停止に追い込まれ、市場にも悪影響が及んでいます。サプライチェーンの混乱により、遅延やその他の業務上の課題が発生しました。状況は正常に戻りつつあるため、予測期間中に市場はプラスに成長すると予想されます。

自動車業界は、ここ数年、乗用車と商用車の両方でさまざまな技術的進歩を遂げています。この市場の主な成長要因は、安全意識の高まりと厳しい安全規制です。

自動車用シートベルトプリテンショナーは、開発された技術の一つであり、自動車会社から大きな注目を集めています。当初、プリテンショナー技術は軍用機で使用されていましたが、正面衝突の可能性が高いことを考慮し、後に自動車用に設計されるようになりました。

自動車の生産台数の増加や社会的認知度の向上に伴い、自動車用シートベルトプリテンショナーの需要も高まっています。シートベルトプリテンショナーは、パッシブセーフティシステムの一部であり、衝突時に悪影響を軽減するのに役立ちます。

乗客の安全性の高さから、シートベルトプリテンショナー搭載車の採用が進んでいることが、自動車用シートベルトプリテンショナー市場の成長に影響を与える可能性があります。また、事故件数の増加や政府の取り組みによる安全性への懸念の高まりも、調査対象市場の成長を後押ししています。

欧州地域では、ドイツがシートベルトプリテンショナーの主要市場となっています。これは、同地域に大手自動車メーカーが存在するためです。

主な市場動向

スポーツ・ユーティリティ・ビークルの需要増が市場を牽引

シートベルトプリテンショナーの需要は、世界各国、特に新興国において急速に拡大しています。自動車安全システムは、政府の規制や国民の意識の高まりから、一般的にスポーツ用多目的車に搭載されるようになっています。

インド、中国、ベトナムなどのアジア諸国では、スポーツ用多目的車の市場が最も大きく成長しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]