航空機ヘルスモニタリングシステム市場、2025年までCAGR6%超で推移 セグメント別では商業用が市場を支配


市場概況

航空機のヘルスモニタリングシステム市場は、2020年から2025年の予測期間中、6%以上のCAGRで推移すると予想されています。

  • 航空機の安全性、性能、運用効率を改善する必要性が高まっていること、およびリアルタイムの航空機データ監視システムに対する需要の高まりが、主な市場成長促進因子です。
  • コネクテッド航空機ソリューション採用の増加は、航空機のヘルスモニタリングシステム市場の成長を促進するもう1つの要因です。

主な市場動向

セグメント別では商業用が市場を支配する見込み

現在、商業用セグメントは航空機のヘルスモニタリングシステム市場で最大シェアを占めています。このシェアの増加は、過去数年間の航空機の出荷数の増加によるものです。航空機の機材と航空会社の目的地の増加に伴い、航空会社はリアルタイムのヘルスモニタリングシステムにさらなる投資を行っており、検査時間を短縮することでMROコストの削減に役立てています。合計遅延時間の約30%は、予定外のメンテナンスが原因です。これらの遅延を回避するために、航空会社はMROプロバイダーと協力して、目視検査やX線などの非破壊検査など従来の検査手順を変更しています。部品の継続的な監視は、時として検査エリアへのアクセスを得るための解体プロセスなど時間のかかる手順を排除する結果となります。高度な技術とセンサーを備えた新しい健全性モニタリングシステムの開発における継続的なR&Dは、予測期間中のセグメントの成長を支えると予想されます。

競合情勢

Airbus SE、The Boeing Company、United Technologies Corporation、Honeywell International Inc、General Electricなどが市場の主要なプレーヤーに挙げられます。健全性監視システムはエンジンメーカーとMROプロバイダーによって製造されていますが、AirbusやBoeingなどの航空機OEMは、自社の健全性監視ソリューションを提供してアフターマーケットの収益を高めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]